コーヒー豆の通販TOP > あなたのコーヒー豆ができるまで

あなたのコーヒーができるまで

  1. コーヒー生豆を計量します
    コーヒー豆の計量 生豆は220gを基準に個数分計量します。 焼き上がり重量は水分の蒸発などにより180g前後になります。
  2. 焙煎機に生豆を投入します
    焙煎機にコーヒー生豆を投入 いちどに最大、生豆600gまで焙煎できます。
  3. 焼け具合の確認をします
    コーヒーの焼け具合を確認 はぜる音、煙の色、豆の膨らみ、焼き色、香り、五感を総動員して焙煎します。
  4. 焼き上がり!
    焼き上がり ちょうど良いタイミングで素早く焙煎機から焼き豆を取り出します。 このわずか数秒のタイミングで焙煎度が変化します。
  5. 急速冷却
    急速冷却 焦げ臭い煙の臭いを残さないため、急速にファンで煙を逃がしながら冷却します。
  6. チャフ(シルバースキン)の除去
    チャフの除去 焼き上がりコーヒー豆の掃除をします-1- チャフと呼ばれる渋みやエグ味の原因である薄皮をザルを振って飛ばします
  7. ハンドピック
    ハンドピック 焼き上がりコーヒー豆の掃除をします-2- コーヒー豆も農産品ですので未熟な豆や虫食い、欠けたもの、そして石などの不純物等が含まれていることがあります。 これらを丁寧に取り除くことにより、本来持っているクリアで濁りのない味や香りが引き立つのです。
  8. 欠点豆
    欠点豆 これがハンドピックで取り除いたコーヒー豆です。見るからに美味しく無さそうです。
  9. 袋詰め
    袋詰め 完成したコーヒー豆をアルミ袋に詰めます。
sp
美味しさのヒミツ?
sp
自家焙煎.com耳寄り情報
>