【ザンビア イサンヤ農園】 生豆220gを受注後焙煎【限定販売】 820

復活!ザンビアコーヒー
ザンビアコーヒーの歴史
ザンビアのアラビカ種コーヒー生産事業は、1980年代より世界銀行が投資するプロジェクトによって開始されました。
1986年には半官半民のZambia Coffee Companyが設立され、1994年には民営化され、Northern Company Ltd(NCCL)が誕生しました。
ザンビアのコーヒーは、スペシャルティーコーヒーとして北米やヨーロッパで認知度を高めていき、2000〜05年頃には10万袋を生産するようになりました。また、同期間のNCCLにおける生産量は同国全生産量の約35%に相当していました。
しかし、その後コーヒーベリー病(Coffee Berry Disease)が流行したため、同国全体の生産量が低迷し、コーヒー業界からザンビアコーヒーが姿を消しました。
2014年にOlam社がNCCLを買収し、新規に農園を開拓し、灌漑(かんがい)設備を整備するなど、同国のコーヒー生産復活に向け事業を推し進めています。
復活を遂げたザンビアコーヒー、当店初登場です。
おすすめ焙煎度
フルシティ:上質の酸味と豊潤なアロマを
「おまかせ」でベストの焙煎に仕上げます!
一点一点ご注文の都度焙煎します。
まさにあなたの為だけのコーヒーです。
生豆220gを受注後焙煎します。
焙煎による水分の蒸発等により出来上がり重量は約180gとなります。
: 酸味の美味しいコーヒー: アフリカ産コーヒー: スペシャルティコーヒー

関連キーワード

×
sp
美味しさのヒミツ?
sp
自家焙煎.com耳寄り情報
>