ストレートコーヒー豆
ストレートコーヒー
並び順を変更[ おすすめ順 |価格順 |新着順 ]
  1. 【ブラジルサントスNo.2】 生豆220gを受注後焙煎
    734円(内税)/220g
    世界最大のコーヒー生産国ブラジル。柔らかな酸味とほどよい苦みのマイルドコーヒー!ブラジル産コーヒーは一般に「ブラジル」と呼ばれていますが、そのなかでサントス港から輸出されるコーヒーを「サントス」と呼びます。No.2からNo.8に格付けされ最もラン
  2. 【コロンビアスプレモ】 生豆220gを受注後焙煎
    756円(内税)/220g
    世界第二位の生産量を誇るコロンビア。国土の大半が山岳高原地帯で、地質、気候ともにコーヒー栽培に適しています。華やかな香りと豊かなコク、クセの無い味わいが特徴です。浅煎りから深煎りまで、いろんな焙煎度で楽しめるスプレモで
  3. 【タンザニアAAキリマンジャロ】 生豆220gを受注後焙煎
    842円(内税)/220g
    アフリカの誇るストレートコーヒー 焼きたてだから味わえる「うまい」酸味アフリカ大陸東部に位置し、インド洋に面したタンザニアは、国土の大部分が1000メートル以上の高原で、北東部にはアフリカ最高峰のキリマンジャロ(5895メートル)がそびえ立っていま
  4. 【グアテマラSHB】 生豆220gを受注後焙煎
    842円(内税)/220g
    豊かな雨量と肥沃な火山土壌の中米グアテマラが産む芳香なマイルドな味わいがうまい!マヤ文明の栄えた地として有名なグアテマラのコーヒーは、その多くが山脈の斜面で栽培されています。豊かな雨量と肥沃な火山土壌、高原の気温などの条件が相まって、世界
  5. 【ケニアAA】 生豆220gを受注後焙煎
    1,026円(内税)/220g
    アフリカはケニアが育てた強い酸味の個性派ストレートコーヒー!エスプレッソにもどうぞアフリカ諸国のなかで有数の経済発展と遂げている、赤道直下に位置するケニアは、古くからコーヒー栽培をしていました。AAは大型の良質な豆を指します。独特の酸味と苦
  6. 【インドアラビカ】 生豆220gを受注後焙煎
    SOLD OUT
    穏やかで調和のとれたマイルドなストレートコーヒー紅茶の国というイメージの強いインドですが、コーヒーの生産量も世界ではベスト10に入ることはあまり知られていません。アラビカ種のなかで水洗式のものがプランテーションと呼ばれます。酸味・苦みも穏や
  7. 【ニューギニア】 生豆220gを受注後焙煎
    SOLD OUT
    太平洋に浮かぶ島々からなるパプアニューギニア、自然と人間が調和する楽園のマイルドなストレートコーヒーパプアニューギニアは、南太平洋上に浮かぶニューギニア島の東半分と、ニューブリテン島などの多数の近隣諸島から成り立っています。この国のコーヒ
  8. 【モカマタリ】 生豆220gを受注後焙煎
    SOLD OUT
    中近東アラビア半島のイエメン産のストレートコーヒーの代名詞!まろやかな酸味と香りが自慢他に代わるものがない「モカフレーバー」と呼ばれる、特徴的な香りと酸味。当店の焼きたてコーヒーでなければ味わえません。甘酸っぱい香を風味豊かな味わいをお楽
  9. 【モカハラー】 生豆220gを受注後焙煎
    SOLD OUT
    アフリカ最古の独立国エチオピア、コーヒー発祥の地の酸味が美味しいストレートコーヒーコーヒー発祥の地とされるイエメンはアフリカ最古の独立国です。北緯10度線が国土の中央を走る熱帯ですが、その大部分を標高2000〜3000メートルのアビシニア高原が占め
  10. 【ハイチ】 生豆220gを受注後焙煎
    SOLD OUT
    カリブ海に面する国ハイチで丁寧に育てられたなめらかな酸味と苦みのストレートコーヒーハイチの農産物のうち、総輸出量の40%を占めているのがコーヒー。
    >ほとんどが国営の農場が生産、流通、輸出を行っています。独特の酸味と苦味で風味豊かなコー
前のページ | 次のページ
sp
美味しさのヒミツ?
sp
自家焙煎.com耳寄り情報
>